Intermezzo〜ピアノ曲について

「Intermezzo(間奏曲)」は、

 主にオペラ等の幕と幕の間や、

多楽章の器楽曲(ソナタや交響曲)の

楽章と楽章の間に挿入される型式で

用いられる楽曲ですが、

ピアノ曲には、ロマン派以降、シューマンやブラームス

といった作曲家によって作られた

「独立した」作品があります。

 

一曲は5分にも満たない簡素な小品ですが、

深い和音の響きや、繊細で物悲しいメロディーが

織り込まれた大変充実した作品が多く、

聴く人や、弾く人の心をとらえずにはおかない

魅力を持っています。

 

ピアノ曲としての「Intermezzo」には、

まるで風が吹き抜けるように

一瞬のうちに心に深く刻まれ、

曲が終わった後も、いつまでも余韻が

残るというような印象を持つ曲が

たくさんあります。

 

秋が深まっていくこれからの季節、

心静かにピアノに向かうひとときに

「Intermezzo」を奏でてみては

いかがでしょうか?