ブラームスのIntermezzo

ピアニストにとって、"Intermezzo"と

聞いてまず思い浮かべるのは、

ブラームスの小品集ではないでしょうか?

壮大な交響曲や室内楽曲などを数多く作曲した

ブラームスが最晩年に残したのは、いくつかの慎ましやかなピアノのための小品集でした。 

 

その中に収められている数々の”Intermezzo (Intermezzi 複数形)"は、1人静かに    自分の心と向き合うブラームスの      最後のメッセージのようです。

 

私にとって最も印象深い作品は、「ピアノ小品集 作品118-第2番」です。

ドイツに留学したばかりの頃、知人の演奏会で聴く機会があり、

その愛らしい旋律と、中間部の哀しさに深く心を打たれました。

 

ちょうど初めての冬を迎えようとする時期でした。

古い石畳と赤れんが色の屋根が立ち並ぶ街並み、

冬の訪れを感じさせるような暗い灰色の空、

時折鳴り響く教会の鐘の音。。

小じんまりとしたサロンで演奏されたブラームスの"Intermezzo"は、

そんなドイツの景色にとけ込んでいるように感じられました。

 

「ブラームスの音楽はこういう環境の中で生まれ、受け継がれてきたのだな。」と実感したものです。

 

どんな難しい本を読むより、大きなホールの演奏会に行くより、

作曲家自身が生まれ育ち、作品が生まれた場所に立って、

空気を感じたり、その作品が守られてきた年月を肌で感じとる事から

伝わる事や教えられる事がある。。

 

右も左もわからず、異国の地で歩み始めた私にとって、

ドイツで暮らし、音楽を学ぶ事の意味を指し示されたような

体験でした。

 

それから今日まで、この曲を弾く時はいつも、ピアニストとして学び始めた 原点を思い出すのです。